2023年10月22日

秋といったら・・・

皆様こんにちは!WIZ-DOGの金成です。

10月も後半になり一気に肌寒くなる東京校です。
愛犬との散歩中も金木犀の香りが強くなってきて秋を感じる今日この頃。
秋といえば、

食欲の秋
読書の秋
スポーツの秋
芸術の秋 .......

〇〇の秋って言葉たくさんありますが、皆様が一番最初に思いつくのは何ですか?




WIZ-DOGの秋といえば、ドッグダンスの秋!!!!


2023秋カインズポスター(画像).jpg
関東は先週から、関西は本日よりエントリー開始ですにこにこ
つい食べ過ぎてしまう「食欲の秋」も愛犬とのドッグダンスというスポーツで運動不足解消ダンス
もちろん観るだけという方も大歓迎です!
飼い主様と愛犬とのダンス1組1組どれも素敵ハート️「芸術の秋」堪能していってくださいね!

そうそう、「読書の秋」から派生して愛犬のために知識をつける秋もいかがですか?
WDAは10月から新たにカリキュラムが変更となりました!
もちろん今まで同様プロのドッグトレーナー・ドッグセラピストになるためのコースはもちろんのこと
愛犬のためにもっと学びたい!と思っている方もやりやすいコンテンツをご用意プレゼント
座学のコンテンツも充実しましたので、どのタイミングでもどんな方でも開始しやすいと思います!
コンテンツ紹介はこちら
愛犬のための「勉強の秋」にしてみませんか?ノート2(開)

WDAポスター.png
いろんな〇〇の秋はぜひWIZ-DOGと一緒に楽しんでくださいね!
続きを読む
posted by WIZ-DOG at 12:00| 思うこと

2023年10月15日

祖母と愛犬の関係

皆様こんにちは!
WIZ-DOGの金成です。

ドッグセラピーにご興味のある方って多いのではないでしょうか。
多分このブログを読んでくださっている方はみなさん犬が好き。
きっと多かれ少なかれ犬との良い思い出をたくさんお持ちなんじゃないかと思います。

犬と人の関係性を解く研究は数多く、様々な報告があります。
科学的に立証されている部分もあるんですからやはり人と犬は強固な絆で結ばれているんでしょうね。
だからこそドッグセラピーがもっともっと普及したら良いなと思っております。


今年急逝してしまった私の祖母と愛犬との思い出話です。
祖母は入退院を繰り返してから殆ど自分の力で歩くことはできず、食事も自分で行うことが難しい状態になりました。
今年に入ると会話もままならずやっと一言二言、言葉が出てくるという状態。
そんな時、私が愛犬を連れて祖母に会いにいくと何気なく愛犬を触ろうとする行動を何度もとってくれました。
私にしてみれば元気な祖母の印象が強いため「手を伸ばす」動作1つに正直何も思っておりませんでしたが、
いつも一緒にいる私の両親や家族は驚き、とっても喜んでいました。
毎日祖母の介護に付き添う家族からしてみれば、ほとんど動こうとしなくなってしまった祖母の変化にとても感動したとのことです。

さてそんな金成家に感動を呼び起こした本犬、私の愛犬がその時何をしていたかといえば、
ただひたすら撫でて欲しくて尻尾を振りながら座って待っているだけ猟犬
すごいことをしたかなんて全くわかってない様子 笑

ですが、これこそがドッグセラピーの求める形そのものなんじゃないかなと思ったシーンでした。
その場でじっとしていなさいと言われた犬と、「撫でて〜」と言わんばかりのうっとりした表情で見つめてくる犬、
その2頭がいた時にどちらの犬の方が人の心を動かすことができるのかは皆さんのご想像の通りかと思います。
後者の犬の方に手を伸ばしたくなりますよね。

対象者側の立場からだけではなくセラピードッグ自身にとっても、
どちらの犬の方がセラピーに前向きに取り組んでいるか(ストレス値が低いか)を考えれば、
やはりこれも後者の犬の方でしょう。

やはり何はともあれ犬が前向きに楽しく取り組むことが大事だと改めて感じました。
どうやってそんなセラピードッグを育てていくの〜?と気になった方はぜひ学校見学会にお越しくださいね♪

元気だった頃の祖母とパピー(5ヶ月)の頃の愛犬の写真ですハート
32852B93-3978-4338-A250-D38839F78FF4.jpg

続きを読む
posted by WIZ-DOG at 12:00| ドッグセラピー

2023年09月09日

〜したい!ってステキ!

皆様こんにちは!
WIZ-DOGの金成です。

「〜したい!」って大人になるとあまり考えなくなったり、そもそも言っちゃいけないような、わがままなんじゃないかって思ったりして心の中で気持ちに蓋をしてしまう。そんなことありませんか?(あれ?私だけ?)

犬たちと生活をしていると、良い意味で単純でステキだなって思います。
「おやつ食べたい!」「ご飯食べたい!」「散歩行きたい!」「撫でてもらいたい!」「飼い主と遊びたい!」「眠い!寝ます!」(って最後は願望達成してるわーい(嬉しい顔)
〜したいことがたくさんで、それをストレートに伝えてくれている感じが可愛い!
((もちろん、犬たちがこの感情を思うがまま表現されてしまうと問題行動になるので、人間との生活の中ではある一定のルールを守ってもらっていますが。))

この「〜がしたい!」って気持ちはトレーニングや飼い主とコミュニケーションをとってもらう時にとっても大事です。
トレーニング、ドッグセラピー、ドッグダンス…何をするにせよ「ハンドラーと〜したい!」って気持ちでやれると生き生きとした犬たちの本来の姿で輝いて見えるはず。
私のパートナードッグにも常に「金成とドッグダンスがしたい!」と思ってもらえるように練習は楽しい時間にしなきゃなって思ってます。

そして、犬たちのトレーニングへの動機はもちろんですが人の動機も忘れちゃいけないと思います。
犬たちの原動力「〜したい!」。
私たちだって「こんなふうになりたい!」と言った、大きくても小さくてもいいから前向きな「〜したい!」って気持ちがあるはず。
ついその目標が大きすぎたり難しいと感じた時に、「〜したい」って思うことすらいけないような気がしてきてしまいます。
でも人も犬たちときっと一緒。
その気持ちが持てるからこそ目標に向かって進む力が湧いてくるはずです。
そして前向きなその気持ちを持っている人って輝いてみえてステキです。

だから、「〜したい!」「〜なりたい!」は図々しくもなんともなくとっても大事な気持ちです!
アカデミーの皆さん、もし気持ちはあっても何からしたら良いかわからない方、今悩んでいる方がいたらいつでも声をかけてくださいね。
そんな時は一緒に考えます。一緒に練習をします。
もちろんこのブログを読んでくださっている未来のアカデミー受講生の皆さんも「〜したい」けど…と言った悩みがあれば気兼ねなくご相談くださいね。一緒に悩みます!(笑)
目標に向かって貪欲に一緒に頑張っていきましょう力こぶ

※ちなみに私の今の〜したいは、パートナードッグのステップと仕事をしていたい!です。
それを続けられるように日々トレーニングですね八分音符
1PET4120.jpeg

続きを読む
posted by WIZ-DOG at 12:00| 思うこと