2022年01月28日

NOを教える、NOで教えない。

はじめまして。東村と申します。
Wiz.dog Clubの一員として思うことをこのブログに少しずつ書いていきたいと思います。

初回は、犬のしつけ哲学「NOを教える、NOで教えない」について私なりの解釈を綴ります。

私が最も崇敬しているドッグトレーナー、盲導犬訓練士の多和田悟さん。犬と向き合う際に座右の銘としているのが、多和田さんの哲学「NOを教える、NOで教えない」です。これまで多くの飼い主さんに対してこの言葉を口にしてきました。

2つのNOはそれぞれ意味が異なり、前者のNOは「否定されること」、後者のNOは「否定すること」を意味しています。簡単に言うと、「やってはいけないことを犬にやらせないようにする(NOを教える)ことは大切だけど、犬にダメだダメだと言う(NOで教える)ばかりではダメだ」というものです。

教え方がわからなくてつい感情的になる……弱い立場にいる「犬」に対してよく見られる嫌な光景です。

古今東西、ヒトの子どもの教育においてはいろんな考え方が交錯してきました。しかし、昨今、正解を教えずに自らの力で正解を見つけさせる「発見型教育法」には効果がない、とされ、先に正解を教える「明示的教育法」の方がはるかに効果的である、というのが常識となっています(「脳はこうして学ぶ(森北出版 スタニスラス・ドゥアンヌ 2021)」)。つまり、正解を教えずに間違いを指摘してばかりの教育法は、いまやアナクロだと言うわけです。

多和田さんもご自身の著書で同じようなことを書いています。
「ただ単に犬を叱る方法は、1プラス1は2であることを教えず、永遠に3ではない4ではない5ではないと言い続け、そのたびに罰を与えるのに似ています。私はこのやり方を『NOで教える』と呼んでいます。……NOで教える方法の最大の欠点は、何がYESであるのかを犬に伝えないところです。……でも、実際には多くの人が、犬に『後悔』や『反省』を求める躾けを行っています。私は徹底して人が何を望んでいるかを犬に示します(「犬と話をつけるには(文春新書 多和田悟 2006)」)。

犬にはとことん優しくありたいですね。

ところで、多和田さんは、同成書で、
「なぜ『NO』なのか、何が『YES』なのか、を犬に理解させようとしてはいけません」
とも書いてあります。

何だか矛盾した記述のようにも読めますけど、ここにも昨今解明されつつある研究の果実が隠されているんです。

その話はまたの機会に。。。

今後ともよろしくお願い致します。

kuri.jpg
続きを読む
posted by Wiz.dog Club at 15:27| 思うこと

2022年01月26日

心機一転、よろしくお願いいたします!

皆様こんにちは!

ドッグトレーナー・ドッグセラピスト養成校講師の金成です。


お久しぶりです!

HPのリニューアルに伴いブログもリニューアルいたしました。

今回はもちろん受講生の皆様に読んでいただくことはもちろん、いろんな方に読んでいただければと思いますので、改めましてごあいさつができればと思います。


昨年より東京本部で主にウィジードッグアカデミーの講師を務めております。金成(かなり)
舞と申します!

ウィジードッグクラブのインスタグラムを見ていただいている方は「ボーダーコリーと踊ってる人」と言ったら何となく思い出していただけますでしょうか。


パートナードッグは現在6か月のトライカラーのボーダーコリーです。

S__7503881.jpg

体重はすでに17.5s。インスタの簡単ドッグダンスで一緒に踊ってくれているナラちゃんや、石川ファンくん、加藤ララちゃんをすでに超える大きい子です。

(私の想定より大きくて驚いております。どこまで大きくなるかなぁ。)


大きいけどまだまだパピーの仲間ですので、これからの成長を温かい目で見ていただければ嬉しいです。


金成の紹介としては3歳から東北地元のダンススタジオに通っておりました。

細かくは省略させていただきますが、復興や地元の盛り上げのためにいろんなイベントなどで踊らさせていただいたり、ダンススタジオでインストラクターをしたりとしておりました。

あとは幼稚園教諭や保育士としての勉強と仕事をしておりましたので、ブログではたまに犬に絡めた思い出話ができればと思います。


受講生時代は東北から通っておりましたので、実家の子を連れてくることが難しく実習犬たちには大変お世話になりました。

練習方法や練習時間の確保にはすごく悩んだので、今は受講生の皆さんには口酸っぱく言っているかもしれません。()

しかし、遠方で受講は大変でしたが頑張って通って良かったなぁと思います!

せっかくなので、ウィジードッグアカデミーに決めたきっかけなども今度ブログでかけたらなと思います!


さて、地元でダンスインストラクターをしながら保育士をして、現在ドッグトレーナーな金成ですが、

この人何者?と興味いただけましたら是非たくさん話しかけてくださいね!


改めて、これからどうぞよろしくお願いいたします!

S__7503880.jpg

posted by Wiz.dog Club at 12:52| 思うこと

2022年01月25日

改めまして、自己紹介です!

皆さんこんにちは。

ウィジードッグクラブ本部の加藤です。


このブログも新しくなりましたので、改めて自己紹介をさせていただきます。

出身は埼玉県の東部にある久喜市と言う所です。東京までは約1時間くらいでしょうか。(東京校までは2時間かかります)車に乗る方は知っているかな??


これまでの犬遍歴としては、小学生の時に父の職場でMIX犬が3頭、実家にビーグルが1頭いました。ビーグルが亡くなってからトイプードルを実家で迎えて、その子は今も健在です。現在はパートナードッグのボーダーコリー(ララ 4歳 メス)と暮らしています。

IMG_0609.JPGFullSizeRender.jpg

私もウィジードッグアカデミーの卒業生です!埼玉出身ですが、パートナードッグがいなかったので、片道2時間かけて東京校まで通っていました。1回のスクーリングよりも通学時間の方が長い!(笑)

スクーリングでは実習犬たちにたくさんお世話になりました。今の受講生と同じように「ハル」「ショコラ」「クルーン」「ナッツ」に色々なことを教えてもらいました。

ちなにみ卒業試験はハルと一緒に受けました。私が受講生の時と比べると、みんな歳をとっていますが、まだまだ現役ですから皆さんもたくさんの事を教えてもらってくださいね。


そんな私から今の受講生に一番伝えたいことはこちら!!

「とにかく犬と訓練をする経験を積む」

ウィジードッグアカデミーはドッグトレーナーやドッグセラピストの養成をしています。そこで一番に求められるのは犬をコントロールする技術です。訓練以外の知識や技術はもちろん必要ですが、カリキュラムにある通り、一番はコントロール技術になります。犬と一緒に生活をしているだけではコントロール技術は身に付かないと私は思います。愛犬家の全てが、素晴らしいトレーナーでないことがその証明かなと思います。


訓練技術は特殊技術だと思っていますので、ぜひ時間的な余裕があるのであれば、たくさん犬と訓練してください。もっと簡単にいえば、その日スクーリングで行った内容を復習してください。パートナードッグがいる方は、自分の犬でいいし、私のようにパートナードッグがいないのでれば、実習犬の力を借りてください。


私はスクーリングで指導に入っているときに「分からないところや質問はありますか?」と受講生に毎回聞きます。その時の回答として一番多いのが「今のところ大丈夫です」という回答です。そう!そうなんです!人間経験の少ないことは疑問点すら出てこないものです。だからこそ、復習が大事。訓練の経験を積むことが大事なんです。やってみて初めて「あれ?これはどうすればいいんだろう??」という疑問がでてきます。そしてできれば、その疑問に対して、先ずは自分なりに工夫して挑戦してほしいです。それでも分からない時は講師を頼ってください。

この特殊技術には難しいことに正解がありません。講師の言葉が全て正しいとは限りません。講師は受講生よりも訓練経験が豊富ですから、できる限り正解に近い内容を想像できるだけです。そしてなにより、訓練するのは講師ではなくあなた本人です。あなたのやり方があなたにとっての正解なんです。

もちろん、何をしても良いというわけではありませんよ。ウィジードッグアカデミーの考えるルールには則ってくださいね。


長々書いてしまいましたが、私は本当に実習犬たちに感謝しています。今はいませんが、当時「ライリー」というボーダーコリーがいました。ライリーとの訓練経験が今でもとても役に立っています。当時は無我夢中でやっていまいたが、今振り返ってみるとそれがよく分かります。皆さんもいつか気づく時がくると思いますので、ぜひたくさん訓練経験を積んでくださいね。疑問・質問は大歓迎です!


今後ともよろしくお願いいたします。


posted by Wiz.dog Club at 18:51| 思うこと