2022年02月20日

イベントが力をつけます!

皆さんこんにちは!
ウィジードッグクラブ本部の金成です。

近年「愛犬と○○!」や「ペット同伴可!」なんていうフレーズが増えているように思います。
以前飼っていた先代の愛犬とはこんなことしてこなかったなぁと振り返ります。
今目の前にいるパートナードッグとは悔いないように色んな所に行って、色んな経験をしたいななんて思います!

それはさておき、ウィジードッグクラブでは「愛犬家」さんたち向けのイベントをたくさん企画しております!
全国各地で個性豊かなトレーナーたちがカラーを出して行っておりますので是非ご興味頂けましたらご参加お待ちしておりますねわーい(嬉しい顔)

特に大きなイベントでは、アカデミー受講生の皆様にお手伝いの募集をしております!(随時アカデミーの皆様にはメールをお送りしておりますのでお見逃しなく!)
ぜひ、この時に積極的にご参加くださいね!
S__9822214.jpg
↑こちらは定期的に行っているワンズリゾート山中湖様でのイベントの風景です。

イベントで何を知れるかというと…
まず一つはトレーナーの働く姿がすぐ見れるという事!卒業後のイメージってすごく大事だと思うんです。
ウィジードッグクラブのトレーナーのほとんどはアカデミーの卒業生です。
いつも教えてもらっている講師だけでなく、色んなトレーナーがいることを知ることもすごく大切だと思います。
視野が広がる機会になることでしょう。

そしてもう一つは、お客様と出会えることです!
様々な飼い主様とその愛犬ちゃんがいます。その家庭、犬の数だけ性格も違えば生活も違う。
座学やシミュレーションの授業の中だけではわからないことがきっと知れるはずです。

と、魅力伝わりましたでしょうか?
ウィジードッグアカデミーの魅力の一つは、卒業生団体のウィジードッグクラブだと思います。
そして、実技が学べるという事。それをもっと深くインプット・アウトプットするためにもぜひイベントの機会を使ってとにかく経験値を上げてみてください。
ぜひ受講生の皆さんは意欲的なご参加でたくさんの経験を積んでいってくださいね。
何事も挑戦!そして経験です!
そして、卒業とデビューまでに少しでも自信をもってもらえると良いなと思います。

S__9822213.jpg

↑左ファン:久しぶりのワンズリゾートでした。 右ステップ:当時4ヵ月。初めてのワンズリゾート。
経験値の差を物語っています(笑)
続きを読む
posted by Wiz.dog Club at 10:00| ウィジードッグアカデミー

白か黒か

わかりにくいことばかり書いている、と反省している東村です。

今回は「白か黒か」について簡単に書きます。

何かしらの判断を余儀なくされた時、すぐに「白か黒か」で判断してしまうことがあります。白か黒かを決めてしまえば、その後悩まなくて済むから楽になるんです。

自分でいろんなことを考えていろんなことを確かめて、自分なりの正解を探す作業が重要であることは先回書きました。しかし、どんな事象においても、判断を求められる時は、簡単に正解を導けずに往々にして間違ってしまう作業、何よりも脳を疲労させる作業、を伴います。

だからあまり考えずに自分なりに白か黒を決めれば楽になれるのです。

もちろん、世の中には、白黒をはっきりできる「命題」もたくさんあります。しかし、白黒を明確に判断できない事象もたくさんあります。そんな判断のむずかしい事象に直面した時、自分なりに安易に白黒を判断した事柄については、その判断が揺るがないよう気持ちを引き締め、他人から追及されると、つい、ウソをつき、ごまかし、権威ある他人の解にすがろうとしてしまう傾向に陥ってしまうことがあります。

ドッグトレーナーという仕事をしていると、一般の愛犬家から犬との生活に関する幅広い相談を受ける機会が多くあるでしょう。その場面で、揺るぐことのない命題とただの自分なりの判断を混同すると、結果として、お客様ひいてはその愛犬の生活の質を落としてしまう、そんなリスクが非常に高くなってしまいます。

私は、犬のしつけに関しても健康維持に関しても、真偽の明確な命題はさほど多く存在していないと思います。だから、犬のしつけや健康に関する持論を、自信げに確定的に述べる人の言説を、参考にすることはあっても、手放しで鵜呑みにすることはありません。

もっとも、いわゆる「プロの世界」では、どんな世界でも似たようなものです。

犬のしつけや健康に関する相談に応じる時は、自分なりに判断した白黒を、古今東西人類普遍の正解のごとく他人に押しつけようとするのではなく、その子にとってより正解に近い判断を、さまざまな知見や経験のパーツを組み合わせながら、お客様と一緒に探す作業に汗を流す……それこそが、知見と経験が織りなすプロの技だと思うのです。

aaa.jpg

続きを読む
posted by Wiz.dog Club at 09:50| 思うこと

2022年02月15日

「習うより慣れよ」の精神で!

皆さんこんにちは。

ウィジードッグクラブ本部の加藤です。

先日の自己紹介でも書きましたが、ウィジードッグアカデミーでは実技トレーニングに力を入れています。それはなぜかというと、実際の現場で必要な力を身につけてほしいからです。

しつけ教室では、どんな犬が来るかわかりません。慣れない場所に興奮している子もいれば、怖がって固まってしまう子もいます。大所帯で来る飼い主もいれば、複数頭連れて来る飼い主もいます。
ドッグセラピーでは、犬好きな方もいればそうでない方もいます。突然大きな音がしたり、突然動き出す人がいることもあります。
全ての状況に対応して毎回最高のパフォーマンスをする。それは実際とても難しいことですが、できる限りそれに近づくことができるように準備をしておくことは大切です。

そのためにはどうすれば良いか。もちろん知識は必要です。でも私たちの足元にいる犬たちは心があって生きています。だからこそ、私たちの想定通りにはいかないこともたくさんあります。そのためにはたくさん練習をしたり、実践経験を積んでいくことが一番の近道だと思います。

だからこそ、スクーリング(授業)では実技時間を多く確保しています。
それだけではなく「スクーリングだけでは足りない!!」という方のために特別トレーニング会も実施しています。
毎週金曜日に「実習犬トレーニング会」と「自主練習会」を実施しています。これらの内容についてはまた機会があれば。。
とにかく、「習うより慣れよ」の精神でたくさん練習をしてほしいなと思います。私も自分の練習をする時に感じることもありますが、「一人で練習をする」のと「誰かと一緒に練習をする」のはだいぶ内容が変わることがあります。
一人では続かないことも、誰かと一緒なら続けられることもあるでしょうし、感覚的な表現になってしまいますが、いい意味で「緊張感」を持って練習ができると思います。ぜひお時間の合う方は参加してほしいなと思います。
LINE_ALBUM_220215.jpgLINE_ALBUM_220215_0.jpgLINE_ALBUM_220215_1.jpg

自分の犬がいる方も、犬がいない方も参加できますのでぜひ。練習時間(犬と関わる時間)に比例して、犬の動機は絶対についていきますから、お互いに頑張りましょう!
posted by Wiz.dog Club at 12:00| トレーニング