2022年02月13日

意識から無意識に。人のトレーニング?

皆さんこんにちは!ウィジードッグクラブ本部の金成です。

今回はアカデミーの皆さんへの内容が濃いかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)
私が以前ダンスレッスンで小学生の上級クラスの子どもたちに言っていた話です。
ドッグトレーニングにも繋がるな〜と思いましたので思い出話。

私がやっていたのはダンスのジャンルは「ジャズダンス」というものです。
テーマパークやジャニーズの王道の踊り方といえばイメージ湧くでしょうか。
私のレッスンではよく、「足!!!!」「手!!」と声を張って指導をしておりました(笑)
なぜなら、足先と指先の綺麗さこそがジャズダンスの魅力の大きな1つだと考えているからです。
とにかく子どもたちには徹底しておりました。
(ドッグダンスに繋がるダンスのポイントはまた今度書きますね♪)

実はこの部分って正直つい意識が抜けておざなりになってしまう部分なんです。
振り付けをやっている時は子どもたち(だけではないですが)は音楽と振りを追う事に必死ですからそんな細かいところまで考えてられません。
それを分かった上で、ビシバシ言っていたまい先生(笑)

だけどとにかく意識させるんです、それだけ。
意識して、意識して、意識してこそ無意識に出来るようになります。
そうすると何が起きるって、ダンスの踊りの表現がもっと広がるんです。
なぜなら、考えることが一つ減ったから。もっと別なことを考えながら踊れるからです。


さて、ドッグトレーニングにここで急に戻します。
アカデミーの皆さんトレーニングをしていて講師からよく言われませんか?
「犬をみてコントロールを取って!」「姿勢崩さないで!」と…

ですがこれが難しいところです。
ウィジードッグアカデミーでは「褒めて育てる」「犬を成功に導く」トレーニングですので失敗させないために犬より先を考えなければなりません。という事は頭は犬でいっぱい。
じゃぁ人が何ができるって、「一貫した動きは確実に」出来るようにしておかなければならないという事です。

そうアカデミーで授業の最初に人だけで行う動きの練習は”無意識”でも出来るようになるための練習です!
まずは落ち着いて人だけで「意識して」そこから犬と一緒になった時に「無意識に」です♪

私もまだまだ遅れたな…と思う瞬間が正直あります(反省)
まだまだ無意識に落とし込めてない!!という事は意識が足りない!!
日々人こそトレーニングですね^.^
S__9338901.jpg

posted by Wiz.dog Club at 18:04| ウィジードッグアカデミー

2022年02月10日

ドッグマッサージ講座&温灸体験のご報告

皆さま、初めまして本日のブログは島本が書かせていただきます。

2022年2月6日(日)に東京トレーニングセンター(大田区田園調布)でドッグマッサージ講座&温灸体験会を開催しました。
講師は、ペットマッサージセラピストとして、岐阜県高山市を拠点に活動し、犬と泊まれるホテル「高山わんわんパラダイス ホテル&コテージ」でもドッグマッサージをおこなっている、松葉深雪(まつばみゆき)氏です。

26マッサージ_220209_20.jpg

一般社団法人ペットフード協会の「令和3年全国犬猫飼育実態調査」によると、犬の平均寿命は2011年は13.85歳だったのに対し、2021年は14.65歳と伸びています。また、シニア犬と呼ばれる7歳以上の飼育頭数は、飼育されている犬全体の56.1%なのだそうです。飼育頭数の半数以上がシニア犬ということは、今後、老犬介護に関する問題や健康寿命への関心はますます高まっていくと考えられます。
現に、今回のマッサージ講習会では満員になる回もあり、参加された方の中には、高山わんわんパラダイスホテル&コテージを利用された方や、前から松葉講師から教えてもらいたいと思っていたという方もいらっしゃいました。

今回の講座では、『家でもできるマッサージ』を学んでいただく為に、リンパマッサージのしくみや効果、犬の骨格等を座学で学び、力加減や4大リンパ節のマッサージや肩もみの動作、順序などを実技で学んでいただきました。
そして、最後は松葉講師による愛犬への温灸体験もおこないました。

犬の骨格を知ることでマッサージの動かし方や気を付ける点を学びます。
26マッサージ_220209_0.jpg

力加減は計りを使って愛犬にあった力をみつけていただきます。
26マッサージ_220209_11.jpg

実技では4大リンパ節のマッサージと肩もみの手順と方法を実施
26マッサージ_220209_16.jpg

26マッサージ_220209_7.jpg

最後は、松葉講師による温灸体験でした。
温灸の器具は人間用なのだそうです。
26マッサージ_220209_3.jpg

ガーゼにびわの葉エキスをしみこませます。
びわの葉は血液の浄化作用がとても良いそうです、また、湿った部分がほんのりと温かくなり、それを当てると芯まで温まるのだそうです。
26マッサージ_220209_5.jpg

わんちゃんたち気持ちよさそうです。
26マッサージ_220209_17.jpg

26マッサージ_220209_14.jpg

26マッサージ_220209_10.jpg


今回のドッグマッサージ講座&温灸体験を通して印象的だったことは、飼い主さんが「気持ちい?」「ここがいいの?」とわんちゃんに話しかけながらずっと笑顔だったことです。
また、わんちゃんは、その飼い主さんの雰囲気を感じとりよりリラックスします。
マッサージを行うことで、お互いの気持ちを通い合うような…そんな空間が生まれているように感じました。

わんちゃんと一緒に過ごす時間には限りがあります。
だからこそ、わんちゃんと飼い主さんには、「幸せ」と感じていただく生活を送っていただきたいと考えています。
今回のドッグマッサージ&温灸体験会はそんな想いもあって開催させていただきました。

今回の講座が少しでも、わんちゃんと飼い主さんの「幸せ」につながれば幸いです。
また、機会があれば今回のようなマッサージ講座を開催できればと思います。

posted by Wiz.dog Club at 11:36| 思うこと

2022年02月09日

自分の解

こむずかしいことばかり書いている東村です。
今回も少しウザそうなことを書きます。


勉強で得るのは「他人の解」、勉強するのは「自分の解」を見つけるため……。

囲碁では形や手順を覚えなければなかなか上達しません。そして、いくら形や手順を覚えたとしても、思考する力がないと、上級者には勝てません。つまり、囲碁は、先人による「他人の解」を覚えた上で「自分の解」を見つける努力をしないとなかなか上達しないゲームなのです。

Wiz.dog Clubでは、ドッグトレーナーやWDA受講生を対象に、犬のしつけや訓練はもとより、運動や疾病、栄養、免疫など犬の健康に関わるいろいろな勉強会を開催しています。これからも、その機会をどんどん増やしていきたいと思います。

われわれの仕事はお客様にプロとしての知見をお伝えすることです。そのためには、勉強を続けることが欠かせませんので、勉強会を開催することはとてもいいことで大切なことです。ただ、私はひとつ大きな懸念もいだいています。それは、受け売りを得意とする者の受け売り姿勢を助長するのではないか、という懸念です。

私たちは、小中高の教育において、あるいはさまざまな資格取得において、「他人の解」を問われる試験に直面させられてきました。それらのほとんどの試験では、ただの「他人の解」を問われるだけで、それらを分解し合成した「自分の解」が問われることはあまりありません。いかに「他人の解」を覚えられるか、が勝負の決め手になるのです。

そんな教育や資格制度が、「他人の解」を覚えること=自らの価値が向上すること、という勘違いを染み込ませ、受け売りを得意げに話す人=ただの知ったかぶりを巷にあふれさせる原因にもなっていると思うのです。本来、それらの「他人の解」を得た後に「自分の解」を求める作業に移ることが大切なのに、です。

いくら勉強しても「自分の解」はなかなか見つかりません。ずっと探し続けなければならないことばかりです。だからそれをめんどくさく思ったりあきらめたりした者たちは「他人の解」を援用するという安きに流れてしまうのでしょう。

どうかWiz.dog Clubの勉強会は、「自分の解」探しにつながって欲しいと願っています。

think.jpg
続きを読む
posted by Wiz.dog Club at 16:09| 思うこと