2022年03月04日

モチベーション

皆さん
こんにちは。

ウィジードッグクラブ本部の加藤です。

皆さんは普段使う道具や物にこだわりはありますか?
きっと職業や好きな事、立場によっても違いがありますよね。

私がよく見るYouTuberさんがよく使う言葉があります。
「自分の好きな道具を使うことでモチベーションが上がる。モチベーションが上がるから効率も良くなる。だから少し無理をしてでも
欲しい(使いたい)ものを使うべき。」

確かにそうですよね。効率はとても大事ですが、効率ばかり優先していくとつまらなくなることあると思います。むしろ、道具だけで見たら効率の悪いものも、その道具を好きな人にとってはモチベーションを上げてくれることもあると思います。
なんでもいいと思うんです。お気に入りのペンを使う、とか好きなブランドの洋服を着るとか。

私の場合は万年筆ですかね。。。すごく手間のかかる道具ですが、使う・・・というか持っているだけでモチベーションが上がりますね。

これはきっと、ココロがあるからこそかなと思います。マシーンは効率がよい方が当然優秀です。でも人間はマシーンではありませんから、ココロにグッとくるものを使った方がいいこともあると思うんです。

そしてそれは、犬も同じだと思います。
犬にもココロがあって、いろいろなことを彼らなりに感じ、考えていると思います。

アカデミーの授業の中でも「もっと褒めて!」と指導させていただくことがあります。この時の「褒める」とはどういうことでしょうか。おやつを与えることでしょうか?声をたくさんかけることでしょうか?いえ、そうではありません。「褒めてるよ!」「それでいいぞ!」という雰囲気を犬に伝え、犬のテンションを上げることが目的です。犬のココロにグッとくるように訴えかけるんです!

いきなり抽象的な話ですみません。。

この抽象的でわかりづらい部分は各自が感覚的に会得する必要があります。方向性の指導はできますが、「これが答えだ!」というものはないのです。
もし受講生の中に「いつも同じことを言われて進歩ないな」と思う方がいたら全く気にしないでくださいね。それだけ難しいく、わかりづらいことを学んでいただいているのです!

「褒めが伝わらない」とか「犬のモチベーションが上がらない」という方はまず「声を大きくする」「高めの声を出す」「動きを大きくする」「メリハリをつける」を意識してみてください。あとはよく「観察」することです。犬によっても違いますが、犬の表情を見れば、意思疎通ができた瞬間がわかるようになります。これを見逃さないようによく観察してみてください。
くれぐれも、目的と手段がごちゃごちゃにならないように。

毎日の習慣や作業には自分のこだわりの道具を使って、ドッグトレーニングには犬にとってのモチベーションになれるように、テンション上げていきましょうー!
IMG_0619.JPG


posted by Wiz.dog Club at 15:45| 思うこと