2022年03月17日

自由は幸福を保障しない。

皆さん
こんにちは。ウィジードッグクラブ本部の加藤です。

私は立場上、受講生から犬を迎える時にアドバイスを求められることがあります。
例えば……
「どんな犬種がいいと思いますか?」
「どうやって選べばいいですか?」
「加藤さんはどうやって選びましたか?」

至極当然の質問内容ですよね。皆さんも、何か決断する時や購入する時に、人から意見をもらうことはあると思います。

普段なら私も特に気にもとめないことなんですが、先日読んだ雑誌のコラムにこんな記事が掲載してありました。
そのコラムの書き出しはこうです。
「格差は広がっている。これは所得格差を示す「ジニ係数」に代表されるような、経済的な格差の話ではなく、精神的な格差を主とした現代格差の話だ。」
コラムの中段では、「婚活」や「就活」を例にして、現代格差が広がっていることを示しています。
「婚活」ではマッチングアプリなどの普及に伴い、自由恋愛が加速し「もっといい人がいるのではないか」と言う期待が増し、結果的に結婚できない人が増えている。男性なら圧倒的なお金持ち、女性なら絶世の美女。そんな「一強総取り」の様相を呈している。「就活」ではネットを利用した活動が盛んになり、都市部と地方の格差が少なくなった一方、一部の優秀な学生に内定が集まってしまうと言う格差が生じている。

「自由」の許容範囲が広がったとしても、様々な意味でその「自由」が必ずしも全ての人の「幸福」につながるものでは無いと著者は話しています。
これらのことは今に始まったことではないと思いますが、先述した「犬選び」にも同じようなことが言えるなと思いました。
JKC(ジャパンケネルクラブ)には約200種の犬種が登録されています。世界で見るとその4倍ほどの犬種が存在すると言われています。ペットショップに行けば、数十種類の犬種のパピーが並んでいますし、ネットで犬舎を調べればいくつも検索にヒットすると思います。
だからこそ、「もっといい子がいるのではないか!?」と思ってしますのかもしれません。

実際にこんな声も聞いたことがあります。
「選択肢が多すぎて、なかなか決められません」
「兄妹犬の中で大人しい仔にしたのに、迎えてみたら全然違っていた」
「成長しても小型って聞いていたのに、みるみる大きくなってしまいました」

選択肢が多いことは悪いことではありませんが、後で「やっぱり、別の子が良かったかも……」なんていう後悔につながるかもしれませんよね。犬は返品なんてできませんから、そこはもう覚悟を決めていただくしかありませんが。

ちなみに私の場合は、選択肢はなく決めてしまったのでなんとも言えません(笑)

さらにこのコラムではある漫画の内容を引き合いに出し、こんな言葉を残しています。
「身の丈にあったところでほどほどに収まることが大事。」

高みを目指すことはとても素晴らしいことだと思います。
ただそれが、行き過ぎてしまうと本末転倒にもなりかね無い。
それに人間は欲張りですから、どこまで行っても高いところを目指してしまうのかもしれません。

高みを目指しつつ、たまにはちょっと休憩してもいいのかなと。
休憩がてら、少し後ろを振り返ってみて、それまでの軌跡を見てみると違う気づきがあるのかもしれません。
「自由」であるからには進むことも止まることも、引き返すことも自由なはずです。

「自由」と言う概念に縛られないように気をつけたいと思った出来事でした。
IMG_7678.jpg

posted by Wiz.dog Club at 12:00| 思うこと

京都・大文字山の「大」の字へ登ってきました!

はじめまして!ウィジードッグクラブ西日本イベントクループです。


西日本イベントグループは、愛犬と一緒に参加できる観光スポットやスポーツを楽しく正しくお伝えしたくて、日夜活動しています。実はまだ結成したばかり(笑)なのですが、先日イベントグループのメンバーで、大文字山に登ってきました。


大文字山(標高466m)とは、毎年816日「五山の送り火」が行われ、夏の風物詩として有名な山ですが、犬と一緒に登ることができる山でもあります。関西でも意外と知られていません。市街地から近いことや登山道が整備されていることから、山初心者にも人気で、毎日登る人もいるほど、地元でとても親しまれている山です。

 S__36667400.jpg

今回の山登り案内人は、京都が地元の桂川トレーナー。いくつもの山をパートーナー犬と一緒に登る経験者で、色々とアドバイスをしてくれたので、安心して参加できました。当日は銀閣寺の入り口で集合し北側から登るルートに、大型犬と小型犬それからメンバー3名で出発しました。登山口のスタート地点から、斜度のある登りでした。低山だからと安易に考えていた筆者は、序盤からいきなり裏切られた気分です。テンションあがる犬たちとは、対照的にすぐ汗だくになり、上着を脱ぎ呼吸を整えて、一歩一歩足の置き場を探し登ることに全集中しました。待って〜とココロの中で叫びながら進み、40分登ったあたりで石段が天まで続くのではないか?と思われるほどの長い石段と遭遇します。そこを登りきれば大文字山の送り火で、知られている「大」の中心部分の火床(ひどこ)があり、本日の登山の到着地点です。

 B15EC08A-728A-4524-B61A-A6A888DAC5DF.jpg

大文字山の火床(金尾)は、京都市の町並みを一望する絶景スポットで、ここが点灯の中心かと思うと凄く感動しますよ!山焼きをする場所ですから木々がなく、自分がまるで鳥にでもなったような錯覚に陥ります。皆さんも一度この感動体験をしてみませんか?ただご自身の満足だけでなく、一緒に登る犬のことも考え、山のルールを守り楽しい登山をお願いします。

38F5A736-B870-4BDF-9825-4A0442800155.jpg
posted by Wiz.dog Club at 10:37| 思うこと