2022年04月30日

人を楽しませる。司会と接客。

皆様こんにちは!
ウィジードッグクラブ本部の金成です。

以前の内容で加藤トレーナーも書いておりましたが、ウィジードッグクラブでは毎月Wan's Resort山中湖様とWan's Resort城ヶ崎海岸様にイベントに伺っております。
先週末は私が乾トレーナーと山中湖に伺ってまいりました。
ワンズ1.jpg
今回はその時感じたお話です

ホテルには様々な飼い主様とその愛犬が泊まりに来ております。泊まる理由は様々。
ホテルの近くで用事があるから。愛犬の誕生日。両親となかなか会えないからたまには遠方へ旅行に。
ワンズ2.jpg

でも、共通しているのは愛犬との時間をゆったり、楽しく過ごしたい。愛犬を楽しませたい。という気持ちです。一緒に来ている子たちは本当に幸せそうな表情をしています。
そんな中一名ご参加の方にご相談をいくつか受けました。
一つ一つそんなに変わった問題行動ではないですが、お悩みに応えられるようお話させて頂きました。
長くお話しした最後に実は最近ご家族を亡くされ愛犬と思い出のホテルに泊りに来たという話をしてくださいました。
ご事情を知らないままのアドバイス。しっかり寄り添えたのか不安に思いました。

ですが最後に「ありがとうございました。色々やってみます!イベント楽しかったよ!」とその方に声をかけていただき、胸と目頭が熱くなりました。

ホテルには様々な方が泊りに来られる。
飼い主さんとその家族の愛犬もまた、様々な背景がある。
その方たちに私たちトレーナーは何ができるのだろうと毎回考えさせられます。
もちろんしつけ教室もしかり。

ワンズ4月.jpg

私はイベントでは次の言葉を最初の挨拶で話しております。
「トレーナーというと問題行動治します!というイメージが強いのかなと思いますが、私たちの気持ちとしてはもっと愛犬と楽しい時間を過ごしたい!そのアイディアをアドバイスします。そんな気持ちです。なので今日は、今の時間は愛犬をじっくり見て一緒に楽しんでいってください!」

色んなご事情があるけれどその中でそのイベントの時間や私たちトレーナーと一緒にいる時間は楽しいものであって欲しいという願いがあります。
あらためてイベントの時間をいかに楽しませられるかが大事か考えました。

笑いを生む、面白い話もできるよう!まだまだ磨きをかけなきゃですね!
ネタ帳作ろうかな。あれ?違う方向に向かってる?
わんず.jpg
posted by Wiz.dog Club at 12:00| 思うこと

2022年04月28日

マッサージイベント開催しました!!

皆様
こんにちは。

ウィジードッグクラブ本部の加藤です。
先日(4/23)東京校で実施しましたマッサージイベントの報告です。

今年の2月からドッグマッサージについての講習会をオンラインやオフラインで実施してきました。
講師に松葉深雪さんをお迎えして、アカデミーの受講生や一般の愛犬家の皆様にドッグマッサージに関する様々な知識をレクチャーしていただきました。
松葉さんは岐阜県の高山市を拠点にこれまで1300頭以上の犬たちに施術をおこなってきた経歴をお持ちです。大型犬や小型犬はもちろん、老犬への施術など幅広い知識と経験をもとにそれぞれの犬に合わせて施術をされています。

今回のイベントでは松葉さんの施術を東京で受けるチャンスはまたとないチャンス!ということで、合計10頭のわんこ達が参加してくれました。
1頭30分という短い時間ではありましたが、飼い主様も真剣に松葉さんの話を聞いたり、質問をしたりと熱心に参加されていました。
LINE_ALBUM_220428.jpg
LINE_ALBUM_220428_2.jpg
LINE_ALBUM_220428_1.jpg
LINE_ALBUM_220428_0.jpg
LINE_ALBUM_220428_3.jpg

マッサージ後はどの子も「身体が暖かくなったり」「動きが軽やかになったり」よい変化があったようです。継続的に行うことが必要ではありますが、今回のイベントが一つのキッカケになれば私たちも嬉しく思います。


今後も松葉さんの施術を受けるチャンスがあるかもしれませんので、是非ご期待ください!




posted by Wiz.dog Club at 12:00| お知らせ

2022年04月20日

シニア犬とその飼い主

皆さんこんにちは。

ウィジードッグクラブ本部の加藤です。
先日、Wan'sResort城ヶ崎海岸のイベントに行ってきました。
ご存じ方も多いかと思いますが、犬と泊まれるホテルWan'sResortで毎月実施しているイベントになります。私自身は昨年12月以来の城ヶ崎海岸でのイベントとなりました。
(イベント内容については、過去のブログでも触れていますので、今回は割愛させていただきますね。)

今回のイベントで印象的だった事は「シニア犬」が多かった事です。
一般的に7、8歳からシニアと呼ばれる年齢になります。イベントに参加してくれた子で最高齢が14歳のトイプードルでした。他にも、13歳のミニチュアダックスフンドや15歳のノーリッチテリア、11歳のトイプードルも来ていました。

私が普段仕事をしている、東京校にも14歳や13歳の犬がいますが、その子たちは家庭犬と比べて訓練をする機会がありますから、そういった事は多少なりとも、健康にいい影響があると思っています。でも今回来ていた犬たちは純粋に家庭犬として生活をしている犬でした。それだけ、普段から飼い主が適切な運動と食事を心がけているんだなと感じました。どの子もしっかりと、自分の足で歩き、排泄もできているようでした。イベントに参加してくれたトイプードルのマロンちゃんは食欲も旺盛で、とても14歳には見えませんでした。

もう一つ印象的だったことがあります。それは、シニア犬の飼い主様がとても愛犬を大切にされていた事です。もちろん、全ての飼い主が愛犬を大事にしている事は間違いありません!
その中でもシニア犬の飼い主は愛犬の困ったことを私に相談しつつも、愛犬を見つめる眼差しは、言葉とは裏腹にとても穏やかでした。
きっと、一緒に暮らしてきた十数年の間に色々な事があったと思います。嬉しいことも辛いことも全部ひっくるめて今があって、今一緒にいられるという事がとても幸せそうでした。

私は子供の頃に身近にいた犬や実家で飼っていた犬たちと病気などでお別れする事が多く、シニア犬らしい生活を共にした経験がありません。だからそこ、今はできる事はやっておこうと思っています。最後の最後まで、犬らしく一緒に楽しい思い出を残せるように。
IMG_7961.JPG
時間が過ぎるのはあっという間です。皆さんも後悔しないように、できる事はやっておきましょう!

posted by Wiz.dog Club at 10:00| 思うこと