2022年06月22日

ナッジ理論

皆さんこんにちは。
ウィジードッグクラブ本部の加藤です。

先日のブログで、投票型の吸い殻入れの話をしました。
関連記事を調べていて知ったのですが、あのような手法(考え方)をナッジ理論というようですね。
行動経済学ではよく使われる手法のようです。

「小さなキッカケを与えて、人の行動を変える」というのがナッジ理論。
「ナッジ」とは直訳すると「ヒジでチョンと突く」という意味があるそうです。

人が意思決定をする時にはいくつか癖があり、それを利用して人の行動変容を促していくそうです。
例えば次のような癖、皆さんにもありませんか?
・デフォルトを選びやすい。
・社会規範を感じると、みんなと異なっている状況やマナーに欠ける行動に後ろめたさを感じる。
・「多くの人がそうしている」などの情報があると決断しやすくなる。

DJポリスの名スピーチ。皆さんも覚えているでしょうか。
2013年に行われた、サッカーワールドカップの試合後、多くのサポーターが渋谷駅に集まり大混雑しました。その場で誘導をしていた警視庁の男性隊員は「皆さんは十二番目の選手。日本代表のチームワークでゆっくりと進んでください。」というユニークなスピーチを披露し、無事事故なくその場の収拾したというニュースです。

身近にこういった事はよくあるのかもしれませんね。

私は犬のしつけやトレーニングを考える時に、まずは飼い主のことを考えてプランを組み立てます。これは犬のことは考えなくて良いという意味ではありません。しつけやトレーニングは犬が勝手にするものではなく、あくまで飼い主が主体性を持ってやるべきだと考えているからです。
その上で、「どうしたらこの飼い主は実行してくれるだろうか?」と頭を悩ませることもしばしば。。そんなときこのナッジ理論を活用できたるかも……と思いました。
でも考えすぎると、セールストークのように胡散臭くなりそうですのでほどほどにですね。

今回ナッジ理論を調べている時に「仕掛学」という考え方を知りました。ナッジ理論と似ていますが、異なる考え方の仕掛学。
これも面白い内容でしたので、またの機会に書きたいと思います。
posted by Wiz.dog Club at 12:00| 思うこと