2022年08月06日

悩みを相談するには…

皆様こんにちは。
ウィジードッグクラブ本部の金成です。

「愛犬のしつけ教室」や「しつけ相談会」って皆さんどんなイメージを持たれますか?
「愛犬のお悩みなんでも聞きますよ!」「なんでも相談してください!」
と、トレーナーはお客様を待っているものです。
とはいえ、お客様(飼い主さんたち)は皆さんそれを求めているのでしょうか。
そんなこと言われてもわざわざ聞くほどの事ではないし…
こんなに沢山、無料体験でここまで聞いて良いのかな…とか。
私が飼い主側だったらこんな感じになりそうです。(考えすぎかな…(笑)).

そもそも人に相談するって勇気がいるなと私は思っています。
悩みの大小はありますが、この人にだったら言っても大丈夫だとか、
信頼できるなと確信して初めて言えるもののような気がします。

先日Wan's Resort山中湖様でのイベントで改めて気付いた事がありました。
S__5275654.jpg
今回は朝のお散歩会に7組8頭14名のご家族にご参加いただきました。
この時間は楽しく散歩をすることはもちろん、トレーナーが同行しますので散歩中のお悩みも皆さんで解決しましょう。とご案内しております。
そうは言っても集まった皆さん、最初は特にお悩みは出てきません。
なので、「お悩みがあったら声をかけてくださいね」と言いながら会のメインはほぼ雑談。
すると、帰り道には飼い主さんからお悩みについて話しかけてきてくれることが。
今回、1組は「引っ張り」と「立ち止まり」について、もう1組は「匂いかぎ」についてのご相談がありました。

引っ張りや立ち止まりの話については他の参加者の方も興味を持っていただけて、
皆さん自然と歩くのをやめていつの間にか集まっておりました。
気になって集まってこられるという事は大なり小なり皆さん近いお悩みを持っているという事だと思います。
自分からは聞けなかったけど、少し気になる。こんな感じだったのでしょうか。

そして次にご質問頂いたのはパピーを連れたご夫婦。
匂いかぎについてのお悩みから始まり「また後で相談させてください!」
と言ってお散歩会の後も熱心に色んなご相談を頂きました。

この様子、お客様の心理を読み解く一つ材料になりそうだなと思います。
「どんな話でもこの人になら話せる!」という信頼を得たわけではないと思いますが、
どちらの方もきっと”話しても良いかな”という気持ちの変化があったからこそ。
ですが”変化”を作るのはトレーナー側の仕事だと思います。
私がこの変化を生み出すために今回気を付けたことについてはまたの機会に...

今回相談していただいたお二組の飼い主さん、勇気をもって話しかけていただきありがとうございました!
S__5275656.jpg

posted by Wiz.dog Club at 10:00| 思うこと