2022年09月30日

ペット同行で避難訓練!!

皆さんこんにちは。
ウィジードッグクラブ本部の加藤です。

日本に住んでいると、地震や台風など自然災害に見舞われることもあると思います。先日も台風の影響で多くの被害が出ました。
そんな中、「環境省が災害時に住民がペットを連れて避難できる態勢を整備する自治体を支援する」という記事がニュースになっていました。その一環として、今年中にペット同行の避難訓練がされるそうです。

記事によると……

避難訓練は所要時間を半日程度とし、避難場所の敷地内にペットを入れるケージを設置することを想定。一般の避難者とペット同行者の行動範囲を分けるなど、トラブル回避に向けた工夫がされる。
ペットと一緒に避難する場合は、犬なら”人に向かって吠えない””ケージに入ることを嫌がらない”といった基本的なしつけが求められる。

東日本大震災以降、”ペットと一緒に避難する”という事についての話題が増えたと思います。私たちドッグトレーナーも、一般のお客様に対して、災害時を想定してハウスを使えるように指導を行う機会も増えたような気がします。
そして記事にもあるとおり、避難所のような公共の場所では犬のしつけが重要になります。ただ難しいのは「しつけ」といった概念はとても幅広く、人によってその認識は異なるという点です。

私はこういった大雑把な概念を具体的な言葉にして、広く多くの人に理解してもらうこともドッグトレーナーの役目だと思っています。動物福祉(特に犬猫)にも様々な意見はあると思いますが、災害のような非常時になった時、必ず人の生活が優先されるはずです。そしてその隙間を縫って動物たちは生活をせざるを得ないでしょう。
私も一人の愛犬家として、犬の知性や感受性には驚かされることばかりです。しかし、どんな犬であっても急激な生活環境の変化には少なからずストレスがかかります。そして必要以上のストレスは、心身にダメージを与えます。

ではそういったダメージを少なくするために必要なことは何かというと
「普段から慣らしておく」
これに尽きると思っています。もちろん、普段から過酷な状況で生活をさせるということではありませんよ。
例えば……
・日常的にハウスを利用する
・人が家に居ても、犬と隔離した状態を作る
・吠えることを容認しない
・排泄は人のタイミングでもできるようにする
・環境変化(外出する機会)に慣らしておく    など

これらは一朝一夕ではできるようになりません。日々の生活でゆっくり慣らしていく必要があります。私も今の仕事に就くまでは、一般の愛犬家でしたので、これらを日常的に行うことの難しさは十分理解しています。
しかし、散歩と同じで犬と一緒に快適な生活を送るためには必要なことだと思います。

そしてもう一つ。
今回の記事を読んで、感じたことがあります。
それは「愛犬家以外の人にも、犬(ひいては動物)のことを知ってもらう必要がある」と言うことです。
例えば、犬の散歩をしていると、不用意に近づいてきて触ろうとする人がいます。こういった人たちはある意味危険だと思います。普通、初対面の人と出会った時、不意に近づいて触ることはないでしょう。なぜなら、相手に失礼だからです。
これは犬相手にも同じことが言えます。でもそれに気づいている人(特に犬と生活をしたことがない人)は少ないのです。なぜなら、犬を知らないからだと思います。
決して悪気があるわけではなく、ナチュラルにそういた行為をしているのだと思います。知らないからこそ、危険なのです。

そういった人たちに、犬(動物)のことを知ってもらい、適切な対応をできるようにすることも、必要ではなかなと感じています。そしてそれができるのは、犬のプロであるドッグトレーナーだと思います。

今回の取り組みは、とても素晴らしいものだと思いますが、課題もたくさんありそうだと感じます。
皆さんはどのように感じましたか?
IMG_0726.JPG
posted by Wiz.dog Club at 12:00| 思うこと

2022年09月22日

2022年 関東ドッグダンス競技会&ゲーム大会のお知らせ

皆さん、こんにちは!
ウィジードッグアカデミー講師の石川です。

9月もあとわずか!秋本番ですね♬
秋は犬にとっては過ごしやすい時期!全国各地で様々なドッグイベントが開催されます。
今日はウィジードッグクラブ主催の関東ドッグダンス競技会についてお知らせです顔1(うれしいカオ)

今回の関東ドッグダンス競技会はいつもと一味違います。
まずは会場であるカインズ鶴ヶ島店(埼玉県)で開催される【ららら♪マーケット】様と
コラボさせていただいての開催となります!

【ららら♪マーケット】はハンドメイドで様々な商品をお作りしている作家さん集い、出展ブースを構えて
オリジナル商品を販売いたします!
人用のアクセサリーや小物はもちろん、犬用の洋服や小物を取り扱う作家さんも多数出展予定です。
またドッグダンス競技会やその他イベントを実施する3階イベント会場ではキッチンカーも出店予定きらきら

詳細は【ららら♪マーケット】公式インスタグラムをご確認ください。


またイベント内容もドッグダンス競技会だけでなく、
ドッグダンスにご興味がある未経験者の方向け【ドッグダンス体験会】や
愛犬と様々なゲームにチャレンジしていただき、上位入賞者には賞品も用意する予定の【犬と遊ぶ ゲーム大会】も実施予定です。2日間に渡り、たくさんの飼い主様・わんちゃんたちに楽しんでいただくイベントとなるように
企画させていただく予定です!

そしてウィジードッグアカデミーの受講生の方にお願いです!
ぜひ少しでもいいのでイベントの様子を見に遊びに来てください。
また当日のボランティアスタッフも募集いたしますので1日確保できる方はスタッフ参加もご検討いただけると嬉しいです!

このブログではマメに記載していますが、イベントの様子を見て
将来的な活動のイメージを沸かせることはモチベーションにもつながるはずですグー

イベント詳細は下記ページに記載していますのでぜひご覧ください!


posted by Wiz.dog Club at 22:35| イベント

2022年09月16日

親子の会話

皆様こんにちは!
ウィジードッグクラブ本部の金成です。

先日散歩中のほっこりしたエピソードがあったので皆さんと共有したいなと思いました。

愛犬(ステップ)と信号待ちをしていると自転車の後ろに4歳くらいの女の子を乗せた親子が隣にやってきました。
お母さんは座っている大きな犬が気になったのかステップのことを見ておりました。
ステップも座ったまましっぽを振ってお母さんに好きアピール(笑)
お母さんは「かわいい!みて、お利口さんな犬さんだよ〜!」と女の子に話かけます。
すると女の子は「こわい〜」と。(表情はニコニコしておりましたので本当に怖いというより会話を楽しんでいる様子。)

すると、お母さんは「でも、ずっとお利口に座ってるよ?」と女の子に優しく聞いてみます。
女の子「でもね〜、こわいよ〜(笑顔)」
お母さん「じゃぁどこがこわい?」
女の子「大きなお口!歯があるでしょ〜!」
お母さん「歯がなかったら怖くない?」
女の子「ん〜わかんない!」

と会話をしていたら信号が青になりました。
女の子は「犬さんバイバーイ!」と手を振ってくれて、そこでお別れました。

別れた後も「じゃぁ小さい犬だったら好き?」「小さい犬は可愛い!」「どうして?」
とそのあとも話をしている声が少しだけ聞こえてきました。


私がこのエピソードで素敵だなと思ったのは、女の子が自分の意見を素直に言ってくれたこと。
そして、犬と別れた後も会話が広がっていったことです。
この時の犬の役割は、何かする事ではなくそこにただいるだけで良いんだと思います。
逆に言えば、何もしない(動かない)という事の方が大事かもしれません。

個人的な意見ですが、AAE(動物介在教育)の中では犬を可愛いと思うことだけが重要ではないと思います。
ここは保育士としての感覚なのかもしれませんが、「怖い」という気持ちを伝えたり
色んな話をすることの方がもっと素敵な時間だと感じます。
もちろん「可愛い」という気持ちから育まれるものもありますので、どちらの感情も大事という事です。

あの親子はステップと分かれた後どんな会話が広がったのかな〜と気になります。
動物介在が生んだ素敵な時間でした。
C1A9F443-193A-4BD9-84ED-5CBCFE19FA2A.jpg
続きを読む
posted by Wiz.dog Club at 10:00| 思うこと