2022年01月25日

改めまして、自己紹介です!

皆さんこんにちは。

ウィジードッグクラブ本部の加藤です。


このブログも新しくなりましたので、改めて自己紹介をさせていただきます。

出身は埼玉県の東部にある久喜市と言う所です。東京までは約1時間くらいでしょうか。(東京校までは2時間かかります)車に乗る方は知っているかな??


これまでの犬遍歴としては、小学生の時に父の職場でMIX犬が3頭、実家にビーグルが1頭いました。ビーグルが亡くなってからトイプードルを実家で迎えて、その子は今も健在です。現在はパートナードッグのボーダーコリー(ララ 4歳 メス)と暮らしています。

IMG_0609.JPGFullSizeRender.jpg

私もウィジードッグアカデミーの卒業生です!埼玉出身ですが、パートナードッグがいなかったので、片道2時間かけて東京校まで通っていました。1回のスクーリングよりも通学時間の方が長い!(笑)

スクーリングでは実習犬たちにたくさんお世話になりました。今の受講生と同じように「ハル」「ショコラ」「クルーン」「ナッツ」に色々なことを教えてもらいました。

ちなにみ卒業試験はハルと一緒に受けました。私が受講生の時と比べると、みんな歳をとっていますが、まだまだ現役ですから皆さんもたくさんの事を教えてもらってくださいね。


そんな私から今の受講生に一番伝えたいことはこちら!!

「とにかく犬と訓練をする経験を積む」

ウィジードッグアカデミーはドッグトレーナーやドッグセラピストの養成をしています。そこで一番に求められるのは犬をコントロールする技術です。訓練以外の知識や技術はもちろん必要ですが、カリキュラムにある通り、一番はコントロール技術になります。犬と一緒に生活をしているだけではコントロール技術は身に付かないと私は思います。愛犬家の全てが、素晴らしいトレーナーでないことがその証明かなと思います。


訓練技術は特殊技術だと思っていますので、ぜひ時間的な余裕があるのであれば、たくさん犬と訓練してください。もっと簡単にいえば、その日スクーリングで行った内容を復習してください。パートナードッグがいる方は、自分の犬でいいし、私のようにパートナードッグがいないのでれば、実習犬の力を借りてください。


私はスクーリングで指導に入っているときに「分からないところや質問はありますか?」と受講生に毎回聞きます。その時の回答として一番多いのが「今のところ大丈夫です」という回答です。そう!そうなんです!人間経験の少ないことは疑問点すら出てこないものです。だからこそ、復習が大事。訓練の経験を積むことが大事なんです。やってみて初めて「あれ?これはどうすればいいんだろう??」という疑問がでてきます。そしてできれば、その疑問に対して、先ずは自分なりに工夫して挑戦してほしいです。それでも分からない時は講師を頼ってください。

この特殊技術には難しいことに正解がありません。講師の言葉が全て正しいとは限りません。講師は受講生よりも訓練経験が豊富ですから、できる限り正解に近い内容を想像できるだけです。そしてなにより、訓練するのは講師ではなくあなた本人です。あなたのやり方があなたにとっての正解なんです。

もちろん、何をしても良いというわけではありませんよ。ウィジードッグアカデミーの考えるルールには則ってくださいね。


長々書いてしまいましたが、私は本当に実習犬たちに感謝しています。今はいませんが、当時「ライリー」というボーダーコリーがいました。ライリーとの訓練経験が今でもとても役に立っています。当時は無我夢中でやっていまいたが、今振り返ってみるとそれがよく分かります。皆さんもいつか気づく時がくると思いますので、ぜひたくさん訓練経験を積んでくださいね。疑問・質問は大歓迎です!


今後ともよろしくお願いいたします。


posted by Wiz.dog Club at 18:51| 思うこと