2022年06月11日

緊張に打ち勝つ方法

皆様こんにちは。
ウィジードッグクラブ本部の金成です。

皆さんは緊張はするタイプでしょうか?
ウィジードッグクラブアカデミーの授業の中で、「犬に対して堂々と」と言われたことのある方いるのではないでしょうか。
犬に緊張している方いませんか?
または、別の刺激に対して緊張した瞬間に犬のコントロールが取れなくなったりなどはウィジードッグクラブのオーナー様もご経験あるのではないのでしょうか。
緊張しなくなれば良いなぁと思いませんか?でもそんなに上手くいくものじゃぁないですよね…

私はちなみに、とてつもなく緊張する人です。
もともとダンスをしていて、舞台に立ったりもしましたし、その延長でイベントの司会をしたりテレビに出たりラジオに出たりなんて事もしておりました。
色々やっていたので表立つ事が好きだと思われがちなのですが、正直なところ真逆です。
毎回ステージやマイクを持つときは吐きそうになりながら食事も喉を通らず、終わった後は手が震えております。笑

よく「なんでそんなに緊張してるの?笑」と言われますが、いやするものはするんです!!!

でも、ここ少し自慢ですが そんなに緊張しているように見えた事ないですよね?♪
私はダンスをやってきて鍛えられたのは「ここ」だと思います。
隠すのだけは上手くなりました力こぶ

「え、それじゃぁ緊張したままじゃん」と思いました?
それで良いんです。
私の場合には緊張しないようにするという事は若干諦めております。
どう頑張っても私は緊張してしまうんです。
ですがこの感情が間違っていると思いすぎると余計に自信がなくなり、焦り、緊張し、コントロールが取れなくなる…悪循環です。
なので、リードを持っているときや舞台に出るとき意識していることは「私は緊張するタイプ。だけど、出ているときは自信がある人のフリ!」です。
一度現状や自信がない部分は認めるだけでも次の一歩に踏み出せると私は思います。

もちろん根本の緊張しなくなるために、数経験を積んで自信をつけることや大きく見せようとしすぎないという事の方が手っ取り早いという方もおられると思います。
ただ、私の場合はこの方法があまりにも時間が必要となり難しいなと感じ、今の考え方になりました。

とにもかくにも犬に対して堂々とした態度を出せればそれでOK。
スクーリング緊張するなぁ、シミュレーション緊張するなぁという方一つの方法として参考にしていただければと思います。
ほら、きっとコントロール変わるはずですよ!

2AC2794A-845A-4276-9D75-098DF08C663D.jpeg
posted by Wiz.dog Club at 10:30| ウィジードッグアカデミー