2022年07月03日

「怒り」をコントロールする

今回は、島本が担当します。


「言葉の通じない動物のココロを知るためには、まずは人間同士のコミュニケーションができないと知ることは無理だよね!」


この言葉は、コミュニケーション論を研究しているとある大学教授から言われた言葉です。


なるほど!確かに!


動物は言葉が通じないから人間はいかようにも都合の良いように解釈をする。

だからこそ、人間には相手の気持ちを理解する為の想像力や観察力等…

つまり配慮や察する力等が大切です。

積極的に相手(人)を知ろうとする姿勢の人は、相手の色んな反応を想像し、観察し、思ってもみない反応等を経験しているからこそ、言葉の通じない動物に対しても配慮や察する力等を働かせることができるということですね。


116_large.jpg


そのコミュニケーションですが、いつの時代もどうすれば円滑にすることができるのか? が課題です。

中でも、時にはお互いのコミュニケーションや関係性を潰してしまう「怒り」という感情をどう考えればいいのか? ということが人々の間で度々議論されています。


この「怒り」、昔から多くの人々が頭を悩ませてきたようです。

ローマ帝国時代の哲学者が「怒りは人の狂気で無くす必要がある」とか、古代中国の皇帝が側近に「怒らないようにするから、どんどん私の悪いところは注意してね」と言っている文献も残っています。面白いですね。


さて、皆さんはアンガ−マネジメントと言うのはご存知でしょうか? 

1970年代にアメリカから始まり「怒り」をコントロールすることでコミュニケーションを円滑にしていこうとする心理トレーニングです。


アンガ−マネジメントは怒らないことを学ぶのではなく、怒る必要のある時は後悔しないように怒る。ただ、その時に自身の『〜であるべき』という一方的な価値観を押し付けていないか? 怒りの原因になる感情は何なのか? その問題は重要なのか? 解決できることなのか? を客観視します。その上で自身の気持ちをきちんと伝え、かつ相手との関係も潰さないようにコミュニケーションを進めていきます。

ウィジードッグクラブではこのアンガーマネジメントがしつけ教室において、ドッグセラピーの現場において、大いに役立つものであると考えました。


そこで2022630日に、一般社団法人アンガ−マネジメント協会の講師を招き、ウィジードッグクラブのトレーナーとウィジードッグアカデミーの受講生に、「怒り」についてのオンライン講習会を開催しました。


アンガー1.jpg



参加者は50名以上。怒りについてのワークフレームや怒りのしくみ、怒りの正体、3段階の怒りのコントロール方法を学びました。


今回の講習会を通して私は、自身のココロを知り、相手の気持ちを尊重する、その上で必要であれば自身の想いをしっかりと伝える、決して感情に振り回されないこと、そこにこのアンガ−マネジメントの本質があると学びました。


ドッグトレーナー・ドッグセラピストは、犬の立場に立つことが大切です。

でも、飼い主様やドッグセラピー参加者様の気持ちにも寄り添わなければ、犬と人を笑顔にすることはできません。


この本質を知り、コミュニケーションを大切にする、その姿勢が言葉の通じない犬との関係性をもっともっと豊かにしていくのだと思います。


ウィジードッグクラブ・アカデミーでは、今後も機会があれば、このような講習会を開催していきたいと思います。



posted by Wiz.dog Club at 17:32| 思うこと