2022年12月23日

ドッグトレーナーの過去予測と未来予知

皆さん
こんにちは。

ウィジードッグクラブ本部の加藤です。

ちょっと仰々しいタイトルですが、本気で書いてます(笑)

ウィジードッグクラブのトレーニングでは”予測予防”と言う考え方があります。
言い換えると「犬の行動を予測して予め策を講じること」と言えます。

犬が(問題)行動をした後に、その(問題)行動を止めても、その(問題)行動の発生を減少することにはつながりません。
(全く意味がないとは言いませんが。。)
ではどうするかと言うと、
犬が(問題)行動を起こす前に、人が何らかのアクションをして、(問題)行動が発生しないようにします。

では予測予防をするために必要なことは何か?
「犬よりも早く動く身体能力」
ではなく
「犬をよく知り、犬を観察する能力」だと私は思います。
この「犬をよく知り、犬を観察する能力」があれば、タイトルにあるように「過去予測と未来予知」はできるようになります。

自分のパートナードッグを育てる時はもちろん、しつけ方教室でも必要になるスキルです。
特にしつけ方教室は、すでに発生している「問題行動の改善」をする場所と思われがちですが、「今後発生するであろう問題」に対しての準備も必要だと思います。
犬によって学習速度は異なりますが、一度でも経験したことは学習する可能性がありますから、問題行動は経験しないに越した事はありません。

全てにおいて、一朝一夕で獲得できるものではありません。ぜひ”意識して”犬を観察してください。そして犬を知る努力をしてください。
私も日々精進するよう心がけています。
IMG_0717.jpg





posted by Wiz.dog Club at 09:00| 思うこと