2022年03月27日

児童館に行ってきました!

皆様こんにちは!
ウィジードッグクラブ本部の金成です。

先日都内の児童館にドッグセラピーに行ってまいりました!
セラピードッグはハル・ファンが担当いたしました。
LINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327.jpg
児童館からお写真のOKをいただきましたので、皆様とセラピーの様子を少しでも共有できればと思います!

セラピーの時間は2回行わせていただき、合計40名弱のお友達が参加してくれました。
たくさんの子たちが事前に犬の名前と年齢まで覚えて楽しみにしてくれていたことがわかりました。

子どもたちはまずは犬とのふれあいの仕方を覚えてもらい、ハル・ファンと仲良くなりました。
2頭触る中で「ファンの方が毛が長い」「ハルちゃんちょっと(毛が)くるくるしてる」なんていう発見の声がたくさん聞かれました。
LINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327_0.jpgLINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327_1.jpg
次はファンとはコマンド遊び。得意の「まわれ」や「はーい」のポーズをみんなとやって楽しそうです。
LINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327_6.jpgLINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327_2.jpg
ハルは女の子の身だしなみ。ブラッシングをみんなにやってもらいました。
一人ひとり順番にやる間みんなで数を数えて見届ける姿が見られました。まったりとゆっくりした時間が流れます。
LINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327_3.jpg
最後はファンからのドッグダンスの披露!
ダイナミックな動きに歓声が起こります。コマンド遊びでやった動きを見つけると拍手をしてくれたお友達もいました。
LINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327_5.jpg
あっという間の30分のドッグセラピー。
最初は犬が苦手!と遠くから見ていた子もいろんな遊びを通して仲良くなってくれて最後のお見送りまでしてくれました。

短い時間ではありましたが、楽しんでくれた様子に私たちも嬉しく思います!
今回は楽しい時間にしてほしいという施設の方からのご希望でしたのでこのようなプログラムでした!
もっと楽しんでもらえるように改善点あるね、とセラピストたちは話をしておりましたのでまた機会があったら良いなぁと思います。
そう、ドッグセラピストたちは現状に満足せず「もっと良いセラピーを!」と思考を凝らしているのです。
そんな前向きなセラピストたちの姿を間近で感じつつ、なおかつそのチームとして参加ができたことに私もうれしく思います!
コロナが落ち着いてきましたらアカデミー受講生の皆さんはぜひ現場の見学に行ってみてくださいね。
百聞は一見に如かずです!
LINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327_4.jpg
posted by Wiz.dog Club at 08:30| ドッグセラピー