2022年04月05日

しつけに於ける標準とは。

皆さん
こんにちは。

ウィジードッグクラブ本部の加藤です。

先日しつけ相談の問合せがあり、これからパピーを迎える予定のお客様と話す機会がありました。
話を聞いてみると、これまでにも犬は飼っていたけれど、特にしつけはしていなかったそう。今度迎える子にはちゃんとしつけをしていきたいけど、ネットの情報はいろいろな意見があってどうすればいいのかわからない。という相談でした。

この手の相談は一般のお客様はもちろん、受講生からもよく聞かれることがあります。
「うちの子◯◯なんですけど、どうすればいいですか?」
「色々試しても上手くいきません。どうすればいいですか?」
……正直に言うと、「わかりません!」というのが本音だったりします。。

少し話はそれますが、ドッグトレーナーをしていると「先生」と呼ばれることがあります。
個人的にはちょっと違和感があるんです。
皆さんもご存知のように、イヌについての研究はここ最近(50年ほど前)に盛んになったばかりで、イヌという生き物についてはまだまだ分からないことが沢山あります。しつけの方法にしても、大きな考え方はありますが、やり方や考え方はトレーナーによって様々。
確かに情報を提供する立場ではありますので、お客様からすると「先生」なのかもしれませんが。。

もちろん「先生」ではないから「わかりません」というつもりはありませんよ!
ただ、トレーナーは必ずしも「正解」を知っている訳ではないということです。

話を戻しますね〜。
私たちは、何か物事を判断するときに”標準”をまず考えると思います。そして、それと比べて目の前にある”課題”がどうなっているかを見極めていると思います。もしくは、”標準”を求めることもあるのではないかと思います。
犬のしつけに於いては、後者の考えになるケースが多いような気がします。
(冒頭に書いた、お客様は完全に後者でした。)

では、犬のしつけにおいて”標準”とはなんでしょうか?
それはおそらく、本やネットで調べた時に最初の方に出てくる内容だと思います。つまり、一番人目につきやすいところに”標準”はあります。(「多くの人が使っているから」や「平均値」だからこそ”標準”なのかもしれませんが。)

教室に来てくれる飼い主は”標準”を使ってみても上手くいかず、途方に暮れているケースもあるんです。なぜでしょうか?”標準”が間違っているのでしょうか?犬が問題児すぎるのでしょうか?

私は犬に対して”標準”を当てはめることはできないと思っています。なぜなら、犬は生き物だからです。それも人間のそばで在り方を変化させてきた特殊な生き物です。
「A」という”標準”を「犬a」に当てはめた時と「犬b」に当てはめた時で、結果が異なる場合があります。しかも犬は飼い主と一緒に生活していますから、飼い主の行動によってもその結果はさらに変わっていきます。一つの事象に対して、変数があまりにも多すて、’’標準”を当てはめるだけでは解決しないのだと思います。

では何が必要なのかというと、「”標準”をもとにして、犬と飼い主ごとに対策を考える」ことだと思います。つまり応用するということですね。
なんだ、簡単じゃないか。と思われるかもしれません。
そう思ったあなたに問題です!
「犬のが緊張している時はどんな行動をするでしょうか?」

この質問に対して、5つ以上の行動を答えられる飼い主はどれくらいいるでしょうか。私の体感ではかなり少ないのではないかなと思います。一緒に暮らしている愛犬の気持ちが分からない状態では、応用は難しいと思います。

そこで、ドッグトレーナーの出番というわけですね!
一般の飼い主よりもイヌについて多くの情報を持っているドッグトレーナーは、その犬と飼い主を見たり、話を聞くことでプランを立てます。”標準”からどの程度応用すればいいのか考えて、改善までの一番の近道を探ります。
ですから、少し話を聞いただけでは分からないのです。

今はすぐになんでも調べることができます。情報にアクセスできない環境を探す方が難しいかもしれません。だから答えではないのに”標準”が絶対的な正解のように見えるのかもしれません。でもそれだけではイヌ相手には通用しません。
”標準”をもとに応用する力。それを身に付けなければいけません。
まずはもっとイヌについて知るところから始めていきましょう!

posted by Wiz.dog Club at 21:45| 思うこと

2022年04月03日

春のお散歩花見(さくら)

皆様こんにちは!
ウィジードッグクラブ本部の金成です。

春ですね。新生活が始まった方、新年度で移動になった方もいますでしょうか。
何となくそわそわする季節、というのが個人的な感覚です。

私が勤務している本部の近くには「桜坂」という坂があります。
皆さん聞き馴染みあるのではないでしょうか、福山雅治さんが歌うあの「桜坂」はここらしいですよ。
そう、桜も満開を迎えて綺麗な時期です。

昨年の今の時期は東京にやってきたばかりでせっかくの桜の季節だったのに全然見に行く余裕がなく…
今年こそは!と愛犬とお休みの日に行ってきました

LINE_ALBUM_20220328初桜坂ステップ_220403.jpgLINE_ALBUM_20220328初桜坂ステップ_220403_0.jpg

平日だったのに思った以上に多くの人が見に来ていました。
愛犬の写真ってつい連写になってしまいませんか?
動くところに合わせてついシャッターを切ってしまいます。

LINE_ALBUM_20220328初桜坂ステップ_220403_1.jpgLINE_ALBUM_20220328初桜坂ステップ_220403_2.jpg


カメラロールは桜とステップでいっぱいです花見(さくら)

私はなかなかお散歩中の写真を撮ることがないので外での様子の表情を初めてゆっくり見て楽しそうだなぁと嬉しくなってしまいました。
(親ばかならぬ、飼い主ばかですね(笑))

愛犬との日常の何気ない散歩の時間もこうやって写真に収めるのも良いなぁと思った日でした。。。


と、今日はトレーニングから離れて書いてみました。たまには良いですよね!
posted by Wiz.dog Club at 13:46| 思うこと

2022年03月27日

児童館に行ってきました!

皆様こんにちは!
ウィジードッグクラブ本部の金成です。

先日都内の児童館にドッグセラピーに行ってまいりました!
セラピードッグはハル・ファンが担当いたしました。
LINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327.jpg
児童館からお写真のOKをいただきましたので、皆様とセラピーの様子を少しでも共有できればと思います!

セラピーの時間は2回行わせていただき、合計40名弱のお友達が参加してくれました。
たくさんの子たちが事前に犬の名前と年齢まで覚えて楽しみにしてくれていたことがわかりました。

子どもたちはまずは犬とのふれあいの仕方を覚えてもらい、ハル・ファンと仲良くなりました。
2頭触る中で「ファンの方が毛が長い」「ハルちゃんちょっと(毛が)くるくるしてる」なんていう発見の声がたくさん聞かれました。
LINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327_0.jpgLINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327_1.jpg
次はファンとはコマンド遊び。得意の「まわれ」や「はーい」のポーズをみんなとやって楽しそうです。
LINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327_6.jpgLINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327_2.jpg
ハルは女の子の身だしなみ。ブラッシングをみんなにやってもらいました。
一人ひとり順番にやる間みんなで数を数えて見届ける姿が見られました。まったりとゆっくりした時間が流れます。
LINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327_3.jpg
最後はファンからのドッグダンスの披露!
ダイナミックな動きに歓声が起こります。コマンド遊びでやった動きを見つけると拍手をしてくれたお友達もいました。
LINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327_5.jpg
あっという間の30分のドッグセラピー。
最初は犬が苦手!と遠くから見ていた子もいろんな遊びを通して仲良くなってくれて最後のお見送りまでしてくれました。

短い時間ではありましたが、楽しんでくれた様子に私たちも嬉しく思います!
今回は楽しい時間にしてほしいという施設の方からのご希望でしたのでこのようなプログラムでした!
もっと楽しんでもらえるように改善点あるね、とセラピストたちは話をしておりましたのでまた機会があったら良いなぁと思います。
そう、ドッグセラピストたちは現状に満足せず「もっと良いセラピーを!」と思考を凝らしているのです。
そんな前向きなセラピストたちの姿を間近で感じつつ、なおかつそのチームとして参加ができたことに私もうれしく思います!
コロナが落ち着いてきましたらアカデミー受講生の皆さんはぜひ現場の見学に行ってみてくださいね。
百聞は一見に如かずです!
LINE_ALBUM_杉並区馬橋児童館セラピー_220327_4.jpg
posted by Wiz.dog Club at 08:30| ドッグセラピー