2022年08月05日

With Dog Day那須矢の目ダム ドッグサップイベント 参加締め切りまであと2日!

皆さん、こんにちは!
ウィジードッグアカデミー講師の石川です手(パー)

今日はイベント開催のご案内を少しだけ書かせていただきます八分音符
ウィジードッグアカデミー受講生の皆様には既にご案内させていただいておりますが、
2022年9月10日(土)・11日(日)の2日間、ドッグサップ&キャンプイベントを開催いたします!!

5338.jpg

会場は栃木県那須郡那須町にある那須矢ノ目ダム湖ですきらきら

5341.jpg

ドッグサップは皆様、ご存じですか??
専用のボードに愛犬と一緒にのり、パドルで水面を漕いで色々と探索したり
水の上に浮かんで非日常を楽しんだりすることもできます。

私の愛犬に出来るのかな??
そもそも私が乗れるのかな??と不安に思う方もいるかもしれませんが、

心臓疾患や体が弱くなければどんな犬種でも参加が出来ますし、
普段からドッグサップの体験をご案内している株式会社Spesの皆様が当日はインストラクターとして指導してくださるので
初心者の方も安心ですおやゆびサイン

5340.jpg

詳細は下記ページからチェックすることができます。

参加締め切りまであと約2日間 8月7日(日)13時までが参加締め切り期間となります。

今後受講生の皆様がドッグトレーナーとして活動するようになった時、犬と楽しめる・犬と遊ぶものを
飼い主様に提供できるかどうかは重要な要素となります!
愛犬と楽しむことができる ドッグサップイベント この機会にぜひご参加くださいね!!


posted by Wiz.dog Club at 10:32| イベント

2022年08月02日

珪藻土の壁

久しぶりに書き込みます。東村です。

自宅の壁という壁を珪藻土にしました。思ったより高額ではなく、30年間大きな事故もなくまじめに働き続ければ十分に貯蓄できる程度の料金でした。

むかし、初めて八ヶ岳南麓を旅する前に、「八ヶ岳は水も空気も美味しいよ」と言われたのですが、「味のない空気や水が美味しいなんて……ホントかな?」と半信半疑だったのに、旅が終わって帰宅した時には「やっぱり違うなぁ〜」と感動していたことを思い出しました。

珪藻土については、対照実験による試験結果がいくつか出ていて、「消臭性試験」では硫化水素やホルムアルデヒド、アンモニアの残留濃度が、「抗菌性試験」では大腸菌や黄色ブドウ球菌が明らかに減り、調湿性については吸湿量/放湿量が激しいことがわかっています。

最近、宿泊したホテルでのバスマットやトースターに入れるスチーマーで珪藻土の威力を認めていましたし、安曇野のちひろ美術館の美しい内装には惚れ惚れしていましたので、大きな期待をして横浜ホームビルドさんに工事をお願いしました。

盲検法をやったわけでもありませんので、私に認知バイアスがかかっているのは否めませんが、普通の壁紙から珪藻土に変えた直後から、部屋の空気が変わったと思います。清涼になりました。

ワグリももう14歳。命の長さよりも命の質にこだわりたいと思って、思い切って珪藻土壁に変更したのですが、良かったと思います。

ただ、今後の時間の経過とともに私にどんな印象が固まるのか……不安でもあり、楽しみでもあり、ってところです。

vvvvv.jpg
posted by Wiz.dog Club at 11:35| 思うこと

2022年07月21日

WDA受講生向け 特別講習会 開催!!

皆さん こんにちは。
ウィジードッグクラブ本部の加藤です。

今回はWDA受講生にお知らせです。

WDAではドッグトレーナーとドッグセラピストに必要なこととして第一に”ハンドリング技術”を掲げています。実際のカリキュラムでもスクーリング時間の2/3をハンドリング技術習得にあてています。
しかし、同時に”知識”も必要と考えています。カリキュラムの中でも座学の時間を確保していますし、任意の勉強会をすでに実施しております。

「お金と知識はいくらあっても損はない」
これは子供の頃に父に言われた言葉です。その時はイマイチ分かっていませんでしたが、大人になってからは身にしみて実感しています。
ということで、特別講習会を実施します!!

先に言っておきます。
日程が合う方は参加してください!
日程が合わない方は、アーカイブ(1週間限定)をみてください!

と文字(声)を大にしてお伝えしたのも、私と同じ失敗を皆さんにはしてほしくないという思いからなんです。

受講生の時は、新しく覚えることや体験することがたくさんあるので、どうしても直近で学んだことしか目に入らないことがあります。でも犬のトレーニングやしつけの方法には残念ながら正解がありません。(WDAのカリキュラムでお伝えしている事に間違いや嘘はありません。ただ、絶対的な正解でもないのです。)ですので皆さんには幅広い目線で考えてほしいのです。
WDAのカリキュラムには、ルールがありますから、それに則る必要はありますが、方法は一つではなく、”どうやったらルールを守りつつ、正しい形に近づけるか”を一人一人が自分の頭と体を使って考えてほしいのです。

では”考える”ために必要なことは何か・・・?

私はWDA卒業生の研修を行うこともあり、その時によく言われる言葉があります。
「私は”その経験”がなくて、わかりません。どうしたらいいでしょうか?」

そうですね。確かに「経験」は必要かもしれません。自分の経験から予測して対応策を考える。それは大切なことだと思います。でも「経験」できない事は”考える”こともできないのでしょうか?
そんなことはないと私は思います。経験していないことも、状況を想像し考えることはできます。そしてその想像をより強固なものにしてくれるのが「知識(情報)」だと思っています。

知識を得ることに苦労する時代ではありませんが、「一人では重い腰が上がらない」「どこから勉強すればいいかわからない」なんて方もいると思います。そこで今回の講習会を通して皆さんの知見獲得と拡大の一助になればと思っています。
詳細は割愛しますが、テーマは以下で行います。
・オペラント条件付け
・行動分析学
・犬のボディーランゲージ

できる限り客観性を持たせるべく、この講習会では参考書籍に基づいて内容を紹介していきます。特に事前準備は必要ありませんし、オンライン上で実施となりますので、受講生ならどなたでも参加できます。まずは参加してみてください。






ここまで読んでくれたそこのあなた!!
ご参加お待ちしておりますね。
posted by Wiz.dog Club at 00:12| お知らせ