2022年10月21日

「目的」と「手段」を理解して!

皆さんこんにちは。
ウィジードッグクラブ本部の加藤です。

私は講師という立場上、受講生からトレーニングについての質問を受けることがあります。
先日も自主練習をしている受講生から質問を受けて、”あること”感じました。

それは……

「目的と手段の区別ができていない」

という事です。

「目的」と「手段」という言葉を辞書で調べるとこうあります。
目的:成し遂げようとする事柄。行為の目指すところ。
手段:目的を達するための具体的なやり方。てだて。

わかりやすくスポーツに例えてみましょう。
多くのスポーツに「型」や「フォーム」と呼ばれる一定の動き方があると思います。
そしてそれを繰り返し練習します。
(野球部時代、素振りが大キライでした……笑)
スポーツの目的は大きな意味をとれば、”勝つこと”ですが、もう少し小さく見ると”ヒットを打つこと”や”ラップタイムを速くすること”などがあると思います。
それら(目的)を達成するための型(手段)だと思うのです。

WDAの考えるドッグトレーニングでも同じことが言えます。ただし、ドッグトレーニングの難しいところは、イヌという別個体が関わっているということだと思います。それに目的は「事柄」なのに対して手段は「行為」です。実際に体を動かして行動として目に見えるのは「手段」になりますから、どうしても人間の意識は「手段」に向いてしまうのでしょう。

しかし大切なのは「目的」です。それを忘れないようにしてほしいのです。手段に固執する必要はないと思います。目的を達成するために、何が必要なのか。これを常に考えていくことが大切だと思います。目的のない手段(はたまた、手段をすることが目的になっていること)はとても危険だと思います。

手段に固執すると、自分と違う手段をするカテゴリーを比べた時に、別のカテゴリーに対して批判的になってしまうことがあります。もちろん倫理観からあまりにも外れた手段は良くないと思いますが、注意が必要かなと思います。

受講生にはちゃんと目的を持ってトレーニングをしてほしいと思います。WDAが考える「ルール(型)」はありますが、そこには「目的」があります。そこを理解した上で一つ一つのトレーニングをしてください。

私も受講生に指導をさせていただく中で、「目的と手段」をより明確に伝えられるように努力します。皆さんも分からないこと(特に目的)があれば、気兼ねなくご質問くださいね。
IMG_0731.JPG
posted by Wiz.dog Club at 12:00| ウィジードッグアカデミー

2022年10月16日

芸達者な犬 = お利巧な犬??

皆様、こんにちは!
ウィジードッグアカデミーの石川です!

本日はウィジードッグアカデミーのカリキュラム内にも導入している
ドッグダンス、およびトリックについてのお話です♪

ドッグダンスって・・・というお話からするとかなり長くなってしまいますのでここでは割愛します!
ドッグダンスがそもそもイメージ出来ていない、という方は先日ドッグダンスについてコラムを書かせていただく機会がありましたのでそちらをご確認ください上指差し
【ドッグフード レオ&レア 特設サイト WANTIMES】

そしてトリックとはドッグダンスのを構成する 技 のことを指します!
一般的によくやるのはお手やおかわりやゴロンなどでしょうか?実際ドッグダンスの中ではその場でくるっと回る「ツイスト」や
人の足をくぐる「ウィーブ」など多種に渡りますし、大会を開催すると誰もやったことないような新技もどんどん出来ています。

トリックの紹介を以前に動画撮影していますのでこちらも良かったらご覧ください!!

ここからが本題!
トリックがたくさんできるようになるとお利巧になるのか?いうことについてお話したいと思います。
(お利巧というのが何を指すのか??様々な考えがあると思いますが、ここでは日常生活において問題行動が発生せずに犬にとっても人にとってもストレスが少なく過ごせることとして定義づけさせてください)

100%確実!!とは言い切れませんが、私個人としてはトリックを犬に教えてあげるという行為は
お利巧な犬を育てることにつながっていくと考えています。
その理由は、トリックを教えてあげる過程において
・犬は飼い主の指示を聞くこと、飼い主とコミュニケーションを取ることを楽しむことが出来るようになる
・飼い主は愛犬への伝え方や接し方のポイントを習得できるようになる
という2点が発生することが期待できるからです。

そしてその2点は
・問題行動を抑制できる
・問題を起こすきっかけとなる対象(刺激)をスルーできる
・(いつでも、どこでも)飼い主の指示を優先できる
という結果につながっていくことも合わせて期待できるのです!

私はトリック体験会を一般の方に行う時によくお話することがあります。
「1歳までにお座りや伏せ、待てにおいで、お手・おかわりなどを教えてから犬に何かを教えてあげることをしていますか?
そして初めてお座りが出来たときのように褒めてあげていますか?」
この話をするとほとんどの飼い主様が首を横に振り、うつむきます(笑)

でもこれは仕方のないこと!当たり前のように出来るようになったことを変わらず褒め続けるのは決して簡単なことではないですよねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

だからこそたくさんの種類があるトリックを教えることは、日常的に、継続的に
犬を褒めてあげることになり、飼い主様と愛犬の関係性構築に大きな影響があるのです。

ウィジードッグアカデミーでトリックの授業をしているのは、決して大きな大会で優勝して欲しいからではありません。
(もちろん出来たら最高ですが目がハート
しつけ教室を開催するようになった時に、一つのコミュニケーションとして、遊びとして
トリックを教えることの楽しさを飼い主様やその犬たちに伝えてほしいからなのです!

そんな意識をもって、トリックの授業を受けてくれたら嬉しいです!

また、ウィジードッグアカデミーの受講生の方も参加OKですし
一般の方も参加OKなイベントのご紹介です!!

11月にカインズのしつけ教室 犬の学校goodone にてトリック体験会のイベントを各店舗で開催致しますきらきら
詳細は下記ページをチェック上指差し
ぜひ多くの方にトリックを教える楽しさを知ってほしいと考えております!!
ご興味ある方はお気軽にお問合せ下さいねきらきら
posted by Wiz.dog Club at 00:21| イベント

2022年10月07日

アニマルセラピー

皆様こんにちは。
ウィジードッグクラブの金成です。

少し前のお話になってしまいますが東京校に「ドッグセラピー」について聞きたい!
とお問合せがありました。
夏休みで帰国中だったアメリカの中学校に通う男の子からのご依頼です。

毎年多くはないですがこう言って夏休みを使ってお問合せをいただき嬉しく思います。
まずは「知りたい!」と興味を持ってくれることからですよね。

中学生のお兄ちゃんはかつて飼っていた犬が心の支えになった経験があったそうです。
そこからドッグセラピーに興味を持ってウィジードッグクラブにきました。
アメリカの学校に戻ったら今回お伝えした話を発表してくれるとの事です!
(掲載までに時間がかかってしまったのでもう発表は終わっちゃったかな…)

今回は金成とナラでお話させていただきました。
お話しした内容は
・アニマルセラピーの種類(AAA・AAT・AAE)について
・アメリカでのアニマルセラピーの取り組みについて
・日本でのアニマルセラピーの取り組みについて
・セラピードッグの育て方
・セラピープログラムを体験

CF3F125F-80A3-436E-BB93-DF76DDA3EC3B.jpegF9D656F8-F2D6-489D-9075-A547F3BF07FB.jpeg7F374D35-794E-4D33-8139-9EB6C5B03369.jpeg

終始和やかな雰囲気で時間が過ぎていきました。
プログラムでは「可愛い〜」と楽しんでいただきながらも
セラピストのねらいをお伝えするとその奥深さに感動してくれました。

そしてもっともっと調べたいと言ってくれたので、今度はその内容を教えてくださいね。
今回は来てくれてありがとうございました!!学校がんばってるかな。応援しております♪
5B21A97B-9122-4135-8746-468557A01A45.jpeg



posted by Wiz.dog Club at 14:30| ドッグセラピー